代表プロフィール

氏名 斎藤 清二
役職名 代表取締役社長
保有資格 社会保険労務士
学歴 2008年 早稲田大学国際教養学部 卒
職歴 2012年2月:東京コンサルティングファーム入社 同時に同グループ内の東京社会保険労務士法人に所属
2016年4月:東京社会保険労務法人 代表社員に就任
2017年10月:東京コンサルティングファーム退社
2018年1月:株式会社シグマライズ設立 代表取締役社長に就任
2018年1月~:東京社会保険労務士法人の代表社員と株式会社シグマライズの代表取締役社長を兼任
2019年2月:東京社会保険労務士法人退社
2019年3月~:シグマライズ社会保険労務士事務所設立 代表に就任

 

代表メッセージ

“幸せに生きるってどういうことだろう?”“どういう生き方が幸せなのだろう?”と誰もが一度は“幸せ”について考えたことがあるのではないでしょうか。

「自分のやりたいことを追求していく生き方」が幸せだと思う人もいれば、「誰かのために生きる生き方」が幸せだと思う人もいる。「お金を稼ぐこと」が幸せだと思う人もいれば、「良い人間関係を築くこと」が幸せだと思う人もいる。人それぞれの幸せがあり、こういう生き方がかならず幸せだと断言することは難しい。

人それぞれの幸せがある中で共通している価値観は、皆、幸せに生きるために、自分の能力を最大限発揮させたい。ということなのだと思います。

社会保険労務士として多くの企業で働く方と話す機会があります。

新卒として入社した会社を仕事が合わないという理由で数ヵ月で辞めてしまう人がいます。長く働いているにも関わらず、会社から評価されていない人がいます。仕事自体は好きでも職場の人間関係がうまくいかない人がいます。逆に、人間関係は良くても仕事自体がうまくいかない人がいます。

皆、何かしらの理由で自分の能力が最大限発揮させられていないと感じており、それに“不幸せ”を感じています。同時に、多くの会社も従業員の能力を最大限発揮させられていないことに“不幸せ”を感じています。

良い組織とは、その組織に属している人の能力を最大限発揮させ、組織としての成果を最大にする組織です。良い社会、良い国、良い世界と言い換えた時にも同じことが言えます。能力を最大限発揮することが個人としての“幸せ”と全体としての“幸せ”に繋がっています。

株式会社シグマライズは「人の能力を最大限発揮させる機会の創造」を理念に掲げ、「企業、社員および学生間のニーズのミスマッチを無くし、学生および社員の能力を最大限発揮させる機会を創る」ことをビジョンとし、サービスを通じて世の中の“幸せ”が少しでも大きくなるように活動しています。

株式会社シグマライズ
代表取締役社長
斎藤 清二