業界研究から企業研究へ

/ 2月 28, 2020/ 就職活動・インターン

株式会社シグマライズ、社長の斎藤です。

就職活動の最初の活動として業界研究を行う方は多いと思います。

就職先の情報を収集するためには、①業界研究→②企業研究という順序で進めるのが良いと思います。企業の集合体が業界になるわけですので、大きなくくりで①業界研究を行って、その業界に属する企業を大企業から小さい企業まで並べてみていくと、自分に合うと思う企業が探しやすくなると思います。自分に合うと思う企業が見つかったら個別に②企業研究をするのが良いです。

就活生の話しを聞くと、特定の企業に就職したいという方が多いです。その特定の企業はだいたいの場合は大企業で競争率が高く、皆が知っているような企業です。そしてその企業については企業研究が進んでいますが、その会社と同様の業務をやっている企業でその会社より規模が小さい企業のことをまったく知らないということがあります。

就職活動において、第一希望の企業に就職できることはとても嬉しいことですが、みながみな、第一希望の企業に就職できるわけではありません。理想を求めることは大事ですが、理想がかなわなかった時に時点として、第二希望、第三希望・・・・第〇希望と探しておくことが重要です。

業界研究をするにあたって就活生に是非買って欲しいのは、これです。

これらの本は、業界別の主要な企業が分かりやすく網羅されています。また同様なサービスを行っている企業か、ということも簡単に書かれています。ほぼ大企業、中堅企業の情報になりますが、業界研究の最初の一歩としてまずは見てみることをお薦めます。

その上で業界を絞って、同様の業務を行っている、より希望の小さい企業を就活サイトで検索して探していくと大きい企業から小さい企業まで自分に興味のある業界に属する企業を探すことが出来ます。

これから本格的に就活を始める方もいると思いますが、是非、参考にして頂ければと思います。

〈文=株式会社シグマライズ 代表取締役社長 社会保険労務士 斎藤 清二(@saitoseiji0124)〉